不動産投資を始めようとしたとき、誰もが思うことは『何からはじめればよいのだろうか?』ということかと思います。

そこで今回は、不動産投資をこれから始めようとしている、全くの初心者の方が、何からはじめるのが良いのかについて解説してみたいと思います。

最初の一歩は知識をつける勉強から

最初の一歩は知識をつける勉強から
当たり前のことですが、知識がないと不動産投資で失敗する確率が高くなってしまいます。では、どのような勉強をすればよいのでしょうか。

一冊の本から学べる知識というのは限定的です。例えば「私は3年で数億の資産を作った」とか「こうして私は金持ち大家になった」とか、個人の経験をベースに書かれているものが多いため、そういった本には一人分の経験と知識しか詰まっていません。

もちろん成功した人の体験談ですから、参考にはなるのですが、一冊読んだ程度の知識では、実際の不動産投資をするには情報が足りません。

まずは最低でも10冊以上の不動産投資の本を読むようにして下さい。中古物件、新築物件、アパート、マンション、競売などなど、不動産投資、減価償却、税金の知識などの全体像をつかんだ上で、自分の目指す不動産投資の方向性を確認していくことが必要です。

どのような不動産投資を目指すのかによって、選ぶべき物件も違いますし、準備すべき資金や、かける時間も大きく変わってきます。

勉強はとても大変な作業ですが、この地道な努力をしないで、失敗している人が多くいますので、最初が踏ん張りどころです。

情報の信頼度について

マンションを販売している会社などが書いた本では、自分達に都合のよい情報ばかり書いてあることもあります。

ですから、不動産投資のリスクや購入後の負担、10年後、20年後の予測などまで書いてある本を選んで勉強することをお勧めします。

情報の鮮度について

情報というのは、時間が経つとともに価値がなくなっていくものが多くあります。

不動産投資の手法についても、数年前までは有効だったものが、社会環境の変化によって現在では有効ではない、というものも多くあります。

ですから、古い書籍を読む場合などは、その当時の情報であることを心に留めておきならが読む必要があります。意味のない情報とまではいえないのですが、最新の本やセミナーなどの情報とあわせて知識を補強していく必要があります。

資金作りも重要

資金作りも重要
知識をつけることと同じくらい重要なのが資金作りです。

フルローンやオーバーローンを使った投資法で成功している人もいますが、こういった人たちは、不動産投資に対して並々ならぬ努力と時間を注ぎ込んでいます。

また、時代性というものもあり、今から10年以上前に不動産投資を始めた人であれば、フルローンなども比較的受けやすい時期がありました。ただ、現在は銀行の融資の審査も厳しくなっており、簡単にはフルローンの投資というのは出来ません。

最低でも1割の資金を準備しておきたいところです。

また、1割の自己資金で不動産投資を始めたとするなら、自己資金の比率を上げていくことでローンの金利上昇リスクを下げることを考えておく必要があります。

不動産投資というのは、買う瞬間までは金銭的な投資の感覚が必要なのですが、購入後から始まるのは不動産賃貸業です。やり方によっては、自分の時間もお金も継続的に投資していく必要もありますので、しっかりと自分のスタンスを考えておきましょう。

物件情報の入手のしかた

最低限の知識というのは、本やセミナーで得ることが出来ますが、実際の物件を探す場面では、自分で売主を探すことは難しいので、信頼のおける不動産屋を見方にする必要が出てきます。

長い年月にわたって不動産業を支援してもらうことになりますので、この不動産屋が誠実で実力のある業者でないと、不動産投資を継続的に安心して行っていくことが難しくなってしまいます。

当サイトでは信頼のおける不動産業者と提携していますので、これから不動産投資を始めてみたいという方は、参考としてご紹介も可能です。

まとめ

今回は、「これから不動産投資を始めたいけど、何からはじめればいいの?」ということについて解説してきました。

まずは勉強、そして資金作りが大切という内容でした。

また、日本は人口減少に突入していますので、これから不動産投資を行うという場合は、今後発展する場所に限定した、立地戦略こそが大切になってきます。

不動産投資でも株式投資でも、情報を正しく使えた人が成功していく確率が高くなりますので、しっかりと知識を蓄えていきましょう。

不動産投資に興味のある方へ 

不動産投資では、初めに信頼できる業者を見つけることがとても重要です。

自分で物件を探すのはとても大変な作業ですし、騙されてダメな物件を購入してしまえば、不動産投資は失敗してしまうためです。

そこで、ここでは首都圏にある不動産投資専門の会社の中でも信頼できる業者のみに絞って、無料で相談ができるサービスを紹介します。

もちろん首都圏に住んでいなくても利用出来ますし、地方に住みながら首都圏で不動産投資をすることが可能です。

いえーるコンシェル 

イエールコンシェルは、首都圏に100社以上ある不動産投資専門業者を評価し、信頼のできる業者のみを紹介するサービスです。

中古・新築物件を扱う業者を独自の評価項目で厳しく審査しているため、悪徳業者に騙されてダメな物件を購入するリスクを防ぐことが出来ます。

もちろん全国どこからでも無料で利用可能です。

物件の管理まで代行してくれる業者が多いので、地方に住んでいる方も安心して首都圏での不動産投資を行うことが出来ます。

利用は住所などを入力するだけなので1分程度で完了します。

いえーるコンシェルの公式サイトはこちら