【不動産投資体験談】交通アクセスのよい自宅の一階駐車場を月極駐車場に

こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、3階建ての自宅の一階駐車場を貸駐車場にされた方の体験談です。

交通アクセスのよい一階駐車場を月極駐車場に

私は兵庫県神戸市兵庫区在住の44歳の女性で自営業です。

不動産投資はあまり深く考えてはいませんでしたが、購入を考えていた住宅物件の1階部分が駐車場で複数台駐車できるスペースがあり、1台は住宅購入以前から賃貸借契約されておりました。

近隣の駐車場の月額使用料金の相場が高いこともあり、駐車場スペースを広げて全スペースを有効活用し、賃貸駐車場として利用することができればと思い購入を考えていました。

購入した物件は、ハウスメーカー建築の中古一戸建住宅です。1階部分が全て駐車場で2階が玄関になっている、鉄骨一部木造の3階建ての住宅物件です。

全面道路8mに接面しており間口が広く土地としての不動産評価も高く、立地条件も都心に近く、3種の鉄道アクセスが徒歩圏であること、住環境も総合病院・役所・スーパー・通勤通学と生活施設が整った環境であることと、大学施設やマンションなどが多く建ち、駐車場の必要性が高い地域でもあったのでこの物件を選びました。

みなと銀行の住宅ローンを利用

住宅ローンは当初大手都市銀行を利用する予定でしたが、地方銀行ではありますが、自営業での取引金融機関でもあったため、みなと銀行の住宅ローンを利用して購入しました。

不動産契約当初は300万円を現金で用意し、残代金全額を借入金として住宅ローンを利用する予定でした。

購入住宅が中古物件であったことから、金融機関の建物に対する評価額が思っていた以上に低く、予定の借入金額の300万円を減額することで、条件付きでの融資承認がおりました。

減額されるという事は現金が必要になり、生命保険や定期預金の解約をしての現金の準備になりました。銀行側より減額に加えて、給与振込みや光熱費や通信費などの引落しも同口座を使用するように言われ、口座変更の申請も複数行いました。変動金利を利用しましたが、低金利だったためよかったと思います。

不動産投資について、現状は駐車場も満車状態で、住宅ローンの返済のほとんどを収益である駐車場の賃料で返済できるようになりました。

賃料を安くしてすぐに満車に

賃料を高く設定せずに相場よりも10%ほど低くすると、すぐに満車になりました。余っているスペースもバイク置場で貸すことになり、1階部分の駐車スペースに修繕費をかけず貸せるようになりました。固定資産税額も居住物件であるため、土地のみの駐車場より家屋つきの駐車場の方が安いことがわかりました。

初めての不動産活用としては、最初に思わぬ出費があったものの、結果として駐車場の賃料で住宅ローンが返済でき、居住もできる物件で駐車場の管理もでき、十分に活用できていると思います。この物件で利益がたまれば、次も貸駐車場で不動産投資をしたいと思っています。

(体験談は以上です)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック