【不動産投資体験談】税金対策のため更地に新築アパートを建てました

こんにちは、管理人のサトウです。
今回は更地にアパートを新築された方の体験談です。

税金対策のために更地にアパートを新築しました

神奈川県横浜市でアパートを二棟と駐車場の不動産貸付をしています。

アパートを建てようとしたきっかけは土地を有効活用しようと考えたからです。

はじめは駐車場が簡単なのではないかと考え駐車場の貸付からスタートしたのですが駐車場は更地な為、税金などの計算もアパートなどとは違うとのアドバイスを知り合いから受けました。

その時に空いている土地があり更地にして置くならバスターミナルなども隣接しているしアパートを建てようという事になりました。

アパートに入る方は一人暮らしの学生や会社員などをターゲットにしました。

というのも近くに大学がいくつかあった為、上京して一人暮らしをしている大学生が多い地域でもあったからです。

その為、1人暮らしをするのに十分な間取りを考え部屋数がいくつになるのかなどを企業の方と相談し決めていきました。

投資用ローンは三井住友銀行を使いました

それまでも色々な金融機関とお付き合いがありましたが、その時によく利用していた三井住友銀行さんで借り入れする事になりました。

借り入れの金額はもちろん安くはありませんが、何千万の返済をしっかり完了していた事もありスムーズに借り入れができました。

苦労した点は見積もり額の借り入れしか当然できない為、途中の工事過程で加算があったりしても前もって借り入れできないという点と、見積もり額がギリギリで一定ラインを超えなかった為、返済の際の金利が少し上がるような説明を受けました。

借り入れなどの規定も日々、法律により変化しているとの事で一昔前よりシビアになったように感じました。

ただ言い方を変えれば規定がしっかり定まってきたと捉える事も出来るかもしれません。

不動産投資は不労所得ではありません

不動産貸付といってもただ家賃収入があるだけで便利というわけでは当然ありません。

入居者が出れば修繕費などもかかりますし、アパートの管理費や年数が経つにつれ故障が増えてくる事も多々あります。

管理会社を通していてもそういった報告はオーナーである責任者に全て連絡が入りその都度対応していかなくてはなりません。

部屋の設備等はもちろんアパートの外観の修理や点検などの報告まで対応に回る事になります。

これらの大変さは母のそばで現場を見てきて初めて知りました。

その中でどうしても印象に残ってしまうのはやはり事件などが発生してしまった時です。

アパートは一軒家などと違い空き巣などに狙われやすかったりもします。

そういった事件などがどこも全く起こらないとはいえないのです。

その為、アパートのみならず周囲の街灯や明かりの設置などにも気を配らなくてはなりません。

外から見ると何もないように見えますが不動産業というものの中身は非常に複雑で細かい部分にまで目を向けなくてはならないのです。

(体験談は以上です。)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック