【不動産投資体験談】三重県松阪市内に一戸建ての貸家3棟を所有しています

こんにちは、管理人のサトウです。
今回は三重県で戸建ての不動産投資をされている方の体験談です。

三重県松阪市内に一戸建ての貸家3棟を所有

私は会社員を定年退職した60代の男性です。三重県松阪市内に一戸建ての貸家3棟を所有しています。  

私は金融機関に勤務していましたから、アパートや貸家のオーナーさんからたくさんの情報を耳にしていました。貸家を持つことは労せずして毎月家賃という現金収入があるが、古くなってくると修理修繕ばかりが発生してなかなか見た目のようには上手くいかないことは知っていました。

40代半ばになったとき一件目の貸家をもつ機会がやってきました。その物件は私の住まいの斜め前の木造一戸建て2階・庭付きでした。敷地面積は70坪程度で、そこに50坪の建物が建っています。この建物は木造本づくりのしっかりした建物です。

地震が来てもびくともしないような建物です。この優れものが競売にかかることになったのです。そこに住んで見えた社長さん一家は自己破産されました。近所の人間として辛いことですが、ビジネスとして私は裁判所と交渉して競売にかかる手前で購入する話を付けました。   

ローンは勤務先の銀行から

取得費2千万円の8割は銀行ローンで調達することにしました。ローンは私の勤務先の銀行で調達しました。都合上名前は伏せますが、行員でありますから手続きは簡単に済ますことができました。

金利に割引があったらいいのですが、そうしたものは一切なく一般のお客さんと同じ条件で借りました。変動金利で期間は25年で借りました。毎月の返済は8万円程度です。返済は家賃収入からです。  

取得すると同時に不動産業者に入居者募集を依頼しました。家賃は8万5千円です。敷金2か月分です。しばらく入居者が決まりませんでしたが、8か月してやっと決まりました。  

入居者が建物を丁寧に使っていてくれるので助かります。大人三人ですから、建物を傷つけられるような心配はありませんでした。庭には10本以上の高い気がありますが、ご主人は剪定に趣味があり枝が伸びてきたら毎年上手に散髪してくれるので大家としては大助かりです。

入居してもらって、家賃をもらって、都合のいい時に出ていくという淡白な人間関係でないことに満足しています。自治会活動にも積極的に参加してもらうので助かります。入居者の人間性は大切だと思います。できたら契約する前に、入居者と面接して話し合う場を持つことが大切だと思います。業者任せにしておくと好まない結果になることがあります。
(体験談は以上です)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック