【不動産投資体験談】同僚の勧めの不動産投資に失敗。投資は自分のアイデアでやろう

こんにちは、管理人のサトウです。
今回は、土地を購入して不動産投資に失敗された方の体験談です。

同僚の勧めで不動産投資用の土地を購入

私は、35歳の会社員男性です。
不動産を所有している地域は、茨城県の八郷市です。

なぜ不動産投資を始めることにしたかといいますと、勤めている会社の同僚からのすすめで、必ず値上がりする土地があるとのことで、今まで行ったことのない不動産投資を行うことにしました。もともと不動産投資は、富裕層の方のことと思っていて、自分のこととしては考えていませんでしたが、同僚からの説明を聞き、自分でも可能なことがわかり興味を持ちました。

購入した不動産は、閑静な分譲住宅地にある70坪の土地です。収益化のプランが、様々あるため、何も建てていない土地を買うことにしました。買ったあとの収益化プランは、土地の売買、土地を貸す、土地に住宅を建て売る、土地の住宅を建ててから貸すという考えでした。

同僚が選んだ土地を、言われるがままに全額ローンで購入

なぜ茨城県の物件を選んだかといいますと、同僚が選んだおすすめの土地だからです。
お勧めであった理由は、鉄道や、道路の新しい計画があるので、買ったあとに必ず得をするという説明でした。購入するためのお金は、貯金がなかったため、同僚からのすすめで全て銀行借り入れしました。同僚が、銀行に対して土地の説明を終えていましたので、借りる際の苦労は全くありませんでした。
不動産屋と銀行が組んでいるようでしたが、彼らの言うとおりに、不動産投資を行いました。買った土地は、頭金がなくても購入できる最大額のものです。

購入後、予定通りに収益化することは出来ませんでした。購入後、数年しても不動産価格が上がらず下がりました。購入時の価格が、一番高かったのです。月々の返済が、勿体無く感じるようになりました。

住居を建てて貸すことも考えましたが、土地の価格が安くなっていますので、それ以上の借り入れはできませんでした。土地は損を覚悟で売却しました。不動産に不勉強な私が人の言いなりで行った不動産投資は、結局大きな損になりました。

不動産投資は賭け事と同じ…自分が収益に関与できないならやめたほうがいい

はじめての不動産投資で感じたことは、自分が100%予測できない外部要因により収益に影響を受けるような不動産投資は、賭け事と同じということです。

知り合いにアドバイスするとしたら、自分が大筋予測可能、または収益に自分が関与可能な不動産投資に限定するか、または賭け事と納得して投資をすることをおすすめします。

自分の大切なお金は、自分で納得できること、自分で収益化に関与できることに使うことが大切だと考えています。今回の投資は、土地の価格、家賃、借入額、すべて自分の力では何も関与できないことばかりなのです。

買った不動産の価値を上げる事に関与出来るような収益化プラン、自分なりのアイデアを作ってから投資することが良いと考えています。自分が関与しない理由により土地の価格が下がっても、家賃が下がっても、そのときに収益が上がるようなアイデアです。

自分のアイデアで万が一その通りにいかなくて、たとえ大きな失敗をしても、他人のすすめ、他人の言いなりで失敗するよりは納得がいきます。

(体験談は以上です)

不動産投資に興味のある方へ 

不動産投資では、初めに信頼できる業者を見つけることがとても重要です。

自分で物件を探すのはとても大変な作業ですし、騙されてダメな物件を購入してしまえば、不動産投資は失敗してしまうためです。

そこで、ここでは首都圏にある不動産投資専門の会社の中でも信頼できる業者のみに絞って、無料で相談ができるサービスを紹介します。

もちろん首都圏に住んでいなくても利用出来ますし、地方に住みながら首都圏で不動産投資をすることが可能です。

いえーるコンシェル 

イエールコンシェルは、首都圏に100社以上ある不動産投資専門業者を評価し、信頼のできる業者のみを紹介するサービスです。

中古・新築物件を扱う業者を独自の評価項目で厳しく審査しているため、悪徳業者に騙されてダメな物件を購入するリスクを防ぐことが出来ます。

もちろん全国どこからでも無料で利用可能です。

物件の管理まで代行してくれる業者が多いので、地方に住んでいる方も安心して首都圏での不動産投資を行うことが出来ます。

利用は住所などを入力するだけなので1分程度で完了します。

いえーるコンシェルの公式サイトはこちら