マンションをAirbnbで貸している
こんにちは管理人のサトウです。

今回は大阪で不動産投資をしている方の体験談です。

ここ最近話題となっているAirbnbを使った不動産投資を行っているようです。

2016年の4月には旅館業法が一部改正されて、民泊を行いやすくなりましたので、大変参考になるかと思います。ただし、実際にマンションやアパートをAirbnbで貸し出す場合は都道府県知事の許可を受ける必要があるので注意しましょう。

不動産投資は土地勘のある場所で

私は大阪在住、32歳の女性です。普段は看護師として勤務しています。投資用の不動産を所有しているのも大阪です。
知っている地域でないと、そこの土地柄やプレミアム感を把握する事、管理する事ができないので、良く知っている大阪で不動産を購入しました。看護師資格を取得し、初めての転職の時にもっとやりたい事を全てしようと決めました。仕事を嫌々して稼ぐのは私には違う気がして、したい事だけをするという人生を選択しました。

その内の一つが不動産投資でした。元々お金は使うよりも貯める方が得意でした。しかし、この貯めたお金は一体何に使用するのかが分からず、とうとう「金を上手に使うには」というハウトゥー本を読み始める程でした。その時に自分の中ですんなり降りてきたのが、お金には働いてもらうと感覚でした。その時に一生懸命働いてお金を貯めて、お金を稼ぐために仕事をしなくても良い状況を作る事が人生の目標となりました。6年経った今でもその感覚は変わりません。

投資用住宅ローンの審査に引っかかりました

購入した物件は大阪市内の駅から徒歩3分圏内のマンションです。とにかく主要駅から近い事にこだわって、しかも自分が購入できる価格である程度の広さのある物件を探しました。住宅ローンはりそな銀行で借りましたが、始めに不動産屋さんに紹介されてローンの打診を行ったのはみずほ銀行でした。3週間近く待って、書類の不備や勤続年数の少なさ、産休明けと言う事もあり年収が低い事等が恐らく原因でみずほ銀行の投資用ローンの審査は落ちました。

airBandBでホストとして賃料収入を得ています

その後打診したのは、高校生の頃から取引のあるりそな銀行です。そこでは保証人なし、低金利で借り入れる事ができました。やはり勤続年数や収入の面が弱いのか、180万円は頭金として入れて欲しいとの事でした。元々、キャッシュで購入出来る程度の金額でしたので、頭金位は問題なく出す事ができました。その後、その物件の一室をairBandBでホストとして賃料収入を得ています。

ローンを通してキャッシュを残した事で他の物件を2軒、シェアハウスとして転貸しています。流石にもう一つの物件を購入するには至っていませんが、そちらの収入は年間100~150万円程度になっています。キャッシュを残して同時に投資をする事ができている収入源が複数あり、毎月通帳を見るのが楽しみです。

不動産投資をするなら専門家を味方につけるべき

しかし、これらは私一人ではできません。不動産に関する事はやはりその畑に居る人が一番詳しい、しかも実際にしている人が信憑性もあるとの事で、運良く友達の不動産屋さんと二人三脚で行動しています。不動産投資を始めるには何よりも信頼できる不動産屋さん、管理会社と提携する必要があると思います。ある程度の知識を得てから一人立ちすべきだと思います。お金を敢えて払ってでも手っ取り早くノウハウややり方を教えてもらう事も必要なのでは、と考えています。

(体験談は以上です)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック