【不動産投資体験談】株式投資のリスクヘッジでワンルームマンション投資

こんにちは、管理人のサトウです。
今回は東京都内でワンルームマンション投資をされている30代女性の方の体験談です。

マンション投資の現状について率直にお話されているので、これから不動産投資を始める方にとって、大変参考になるかと思います。

株式投資からのリスクヘッジでワンルームマンション投資を始めました

株式投資からのリスクヘッジということで、投資用マンションの購入を検討しました。

30代で女性で独身なので、マンションくらい持たないとって感じで持ちました。まずはいずれにせよワンルームからかなと思って、都内の賃貸マンションに契約してみました。

やってみて思うのは、契約書にハンコを押したり、お金を用意したりということで、作業自体はとても地味なものであるということ。

あとは、不動産の販売会社さんとか運営会社さんとのやりとりが多くなるので、入居者さんとはあまり接点がないことですかね。

もちろん、自分で管理して、家の周りを綺麗にしたりっていう人もいるみたいですけど、しょっちゅういけないので、そういうのも業者さんに頼んだりしています。

草むしりとかもある程度のお金をかければやってもらえるので、自分の時間と交通費をかけてやることではないかなって思います。

住宅ローンは三井住友銀行

住宅ローンは三井住友銀行のもので、金利は3%程度。非正規なので仕方ないと思っていますし、他に選択肢がなかったというのが率直なところです。

まぁ、通帳記入とかも毎月しますし、ローンの残高とかもちょこっとずつですが減っていることが分かるので、その意味では堅実な経営ができているのかなって思いますね。

不動産業者との付き合い方について

あと、不動産販売会社さんからは結構頻繁に電話もかかってくるので、その応対に時間がかかったりもするかなぁってレベルですね。

次の物件を買いませんかって言ってくれるのは嬉しいですけど、その度にローンの計算とか銀行融資の書類を作らないといけないので面倒といえば面倒です。

どうしても不動産業者さんというと、こちらに買わせたい(=自分の営業成績をあげたい)という担当さんになるので、普段から仲良くはさせてもらっていますが、その意味ではコミュニケーション能力が高くないと厳しいかなって思いますね。

現状増やす予定はないので、不動産業者さんとはほどほどの付き合いですが、やはり営業さんに食事をおごったりするような人は良い案件みたいなのが回ってくるといったことも聞いたことがあります。

ただ、いくら実物資産とはいえ、大きな買い物になりますから借金がどうしてもダメって人なんかには絶対におすすめできません。

なんだかんだで多額の借金を抱えることになるので、借金耐性みたいなものが自分にあるのかはきちんと疑ってかかった方が良いです。

人によっては不動産を持ってしまったがために、本業の方も身が入らず身を持ち崩した人もいるので、安易に物件を進めてくるような不動産屋さんとは手を組まないのが第一かなぁと感じます。

(体験談は以上です)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック