大阪にゲストハウスを買い不動産投資
こんにちは管理人のサトウです。

今回は一戸建てを購入しゲストハウスとして不動産投資を行っている方の体験談です。

さっそく見ていきましょう。

ゲストハウス目的で一戸建てを購入

今私は32歳の女性で看護師の仕事をしています。

今流行りのゲストハウスを作るために、一戸建ての物件を購入しました。

元々不動産投資にかなり興味がありこの物件は購入しましたが、以前から購入せずに転貸という形で二軒の物件を賃貸に出しています。

毎月大家さんに家賃を払いながら収益を上げています。これらの物件は全て大阪府の繁華街にあり入居率はかなり高いほうだと思います。

購入していない物件での不動産投資は3年目になります。その間も看護師として常勤勤務しています。

不動産投資の収入は全て次の物件を購入する目的で貯金していました。

それなりにお金が貯まったのでゲストハウスを作る目的で問題の物件を購入したのです。

物件の所在は自宅から2駅でとても近く土地勘もある場所です。

物件自体は古く築30年になります。前の所有者は老年期の方で夫婦そろって70歳代でした。

物件の管理はあまり良くなく、ヘビースモーカーだったようで、部屋中ヤニ臭く、壁紙はどの部屋も真っ黄色でした。

物件は小さく狭い一戸建てで、屋上付きの3階建てです。

70歳代の夫婦にとって3階建ては階段の昇降など生活がしにくいようで、マンションに引っ越す目的で売りに出ており、その物件を購入しました。

雨漏り発見! 売主に掛け合い、100万円の値引をさせる

ゲストハウスを作る目的での購入ですので、購入後もそこには住んでいません。

ある日の雨の翌日に訪れると雨漏りがしているのに気付きました。

場所は3階部分ののみでしたが、確かによく見るとその壁紙は不自然な色をしていました。

直ぐに不動産屋さんに確認し、売主の方に掛け合って雨漏りの修理代として100万円の値引きをしてもらいました。

そのお金で屋上の雨漏りの修理をしました。天気を待って雨の日に雨漏りの確認をしに行きました。

綺麗に直っていて雨漏りはありませんでした。その後不動産屋さんに確認すると欠陥は発見してから1年以内なら何も特約していなければ、瑕疵を訴えることができると聞いて安心しました。

想定外の事態に備え、何度も内見することが必要

今回はゲストハウスとして住めればいい物件を探していたので、雨漏りがあっても修理して使うことに決めましたが、例えば自宅用にするつもりで購入し、雨漏りが想定外だ!という事もあります。

買おうと思った物件はやはり晴れ、雨、朝、夜に見に行かなければ実際に住んだ時のトラブルを防げるとは言い難いと思いました。

それだけ頻回に不動産屋さんが対応してくれるかも分かりかねますが、自分の目できちんと確認する必要があると思いました。

何かあれば不動産屋さんを頼れるように、信頼できるところでの購入が必要だと思います。

(体験談は以上です)

投資用物件紹介サービス(無料相談も)

不動産投資ガイドWEBでは、不動産投資のプロと提携して、優良な未公開物件の紹介サービス(無料)を行っています。

良い物件が見つからない、初めての不動産投資で、どんな物件が良いのか分からないといった場合などにご利用ください。

東京の中古ワンルームマンションから地方都市の一棟物件まで、ご希望に沿った案件を提案しています。

>>詳しくはこちらをクリック